Ver2.4導入について

現在、国内AoCで標準となったユーザーパッチVer1.4を、AOFEでも導入できるようにパッチが作成されたそうなので、導入方法を書いておきます。

導入メリット

導入前注意点

導入方法

(1)インストーラーを入手する

こちらからダウンロードして下さい。

(2)SetupBase.exeをAoCのフォルダに移す

SetupBase.exeというファイルが中にあるので、それをAoCのインストールされたフォルダ(C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II)に移してください。

インストール後、ゲーム開始前に「CDを入れて下さい」などのエラーが出る場合、中身のファイルを全てAoCのインストールされたフォルダに上書きしてやり直してみて下さい。。

(3)SetupBase.exeを実行する

実行するとこんな画面になります。

インストーラー起動画面
(a)ミニマップの位置
AoCはミニマップだけ中央に寄ります。
AoFE は生産アイコンとミニマップが中央に寄ります。
ユーザーパッチは生産アイコンもミニマップも外側です。
(b)ゲーム
「AoFE」です。
(c)ミニマップの色
ミニマップ上での色を変更できます。個人的には濃灰だけで十分だと思います。
(d)詳細設定
ウィンドウモードで起動したい場合は「窓化」にチェックを入れて下さい。

以上、設定をしたら「インストール」を押して下さい。

起動ファイルの確認

C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Age2_x1フォルダに新しくage_x2.4.exeというファイルが作成されていると思います。

起動ファイル場所

これでVer2.4の導入はOKです。

観戦ツールの使い方

ホスト側

ゲーム開始前に観戦人数を設定します。

ホスト側観戦設定

「S0」と書かれているところをクリックすると、「S1」「S2」「S3」「S4」「Sx」と変化します。それぞれ観戦許可人数に対応しています。xは後述する観戦ツールの設定人数に依存します。

観戦者側

Age2_x1フォルダに新しく「spectate.exe」というファイルが作成されていますので、それを起動します。(もしくは、AOFE起動→「シングルプレイヤー」→「観戦するプレイヤー」)

観戦ツール
(a)許可されている観客
ホスト側限定:見せたい人を限定するときのみ使います。
(b)最大接続
ホスト側限定:「Sx」での観戦人数を設定できます。
(c)ホストのIPアドレス
ここにホストのIPアドレスを入力して、「観戦」ボタンを押します。
ホストがゲームを開始次第、画面が切り替わって観戦がスタートします。

新しくなったミニマップ点数表示

リプレイ再生、観戦時に適用されます。

通常の得点

得点

以下、「スコア表示」ボタンを押す度に切り替わります。

人口

人口
プレイヤー名すぐ右箇所
総人口/現在人口上限を表示します。
M:Military Population
軍の総人口を表示します。
C:Civilian Population
町の人の総人口を表示します。

経済

経済

左側から現在所持している木(Wood)、食糧(Food)、金(Gold)、石(Stone)を表示します。

戦闘

戦闘
R:Razed Enemy Buildings
破壊した建物の数を表示します。
D:Own Destroyed Buildings
破壊された建物の数を表示します。
K:Units Killed
倒した数を表示します。
L:Units Lost
倒された数を表示します。

社会

社会
E:Map Exploration
開拓率を表示します。
C:Conversions
転向数を表示します。
R:Relics Held
確保している聖なる箱の数を表示します。
A:Current Age
現在の時代を表示します。(暗黒:1、領主:2、城主:3、帝王:4)

▲Go to Top