パッチ追加

日本語化パッチ

ダウンロード先

こちらのサイトで「Ver2.2日本語dll」をダウンロードできます。

おうちでAoFE IRC#kaniel

導入方法

ダウンロードしたファイルを「C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Games\Forgotten Empires\Data」フォルダにある「language_x1_p1.dll」ファイルと置き換えます。これで終了です。

※AOCフォルダにも似たようなファイル(「C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\language_x1_p1.dll」がありますが、そちらを書き換えないようにしてください。

ゲーム内文字調整

調整方法

先ほどの「language_x1_p1.dll」をいじります。いじるにはDLL編集ソフト「Resource Hacker」をとってきます。日本語版も飛んだサイト先にあります。

Resource Hacker

resource hacker初期画面

このソフトで「language_x1_p1.dll」を開くとこんな感じです。

編集画面

ここで「String Table」→「9」→「1041」の順に開きます。
出てきたところにある、

というところの「129」と「132」がフォントサイズに関する情報ですので、ここをお好みの数字に書き換えます。「129」の値を12、「132」の値を10にすると概ね見易くなるかと思います。

編集後ゲーム画面

数字を書き換えたら必ず「スクリプトをコンパイルする」を実行し、ファイルを保存してください。

ウィンドウモード起動

導入方法

AOFEをインストールした後、「C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Age2_x1」フォルダにある「Xwndmode.dll」というファイルを「wndmode.dll」にリネームします。これで終了です。

竹パッチ

竹

背の高い木々が全てクリックし易い竹に変わります。

導入方法

竹パッチが適用されているグラフィックファイルをこちらに用意しました。

中身を「C:\Program Files (x86)\Microsoft Games\Age of Empires II\Data」フォルダの中に入れて上書きして下さい。

▲Go to Top