AOFEとは

Age of Empires II:Forgotten Empiresの略です。
前作のAOC(Age of Empires II:The Conquerors)発売から約10年後の2012年12月27日、海外の有志によってユーザーパッチが公開されました。

そもそもどんなゲームか

intro1

リアルタイムストラテジー(RTS)という分野に属するゲームです。ゲームの進行中は常に時間が流れ、限られた時間の中でいかに様々な操作を行い、相手より強固な軍を早く整えて侵略をするというのがAOFEの主な勝利目的です。

右側の画像は一般的なゲームスタイルの最序盤の画面です。

というようにゲームは流れ、相手国を征服した方がゲームの勝者となります。

intro2

時間が経過していくと様々な軍隊が入り乱れ、派手な攻防ながらもそこには緻密な戦略が存在し、瞬間的な判断がモノをいうゲームへと変貌していきます。

瞬間的とは言いましたが、知識量と慣れが反射神経の遅れをある程度カバーしていくようになるので、初心者から上級者まで各人こだわりを追求する形でプレイする事が出来ます。やりこめばやりこむほどにその奥深さを知る事が出来、気が付けば至極のゲームバランスに惹かれる事になるでしょう。

一人で遊ぶ

遊び方は大きく3つに分かれます。

こんな感じになるかと思います。

コンピュータとの対戦を行う事により、基本的な操作の反復練習を行う事が出来ます。初心者の方は5つある難易度の4番目「難しい」を倒す事が出来るようになれば初心者脱出でしょう。中級者や上級者でも、日々の鍛錬の一環として空き時間を利用して取り組んでいる事が多いようです。

intro3

キャンペーンはあらかじめ用意された舞台で決められた勝利条件を満たすように操作をするモードです。中には、本当に初心者の方の為に、非常に分かり易いチュートリアルが用意されています。世界観を知る上で良く出来ているので、すぐにAOFEの世界に入り込めることでしょう。

キャンペーンは全てが史実に基づいた内容となっています。オススメかつ有名なシナリオに「ジャンヌダルク」があります。中世ヨーロッパで起きた百年戦争において、フランス軍の救世主として降り立ったジャンヌダルク軍をプレイヤーが操作し、フランスを勝利に導く流れは非常によく出来ています。世界史関連に興味のある方ならとても楽しめると思います。

キャンペーン以外のゲームにおいて、操作したゲームを後で見返す事が出来るリプレイモードがあります。自分の操作を振りかえって反省するのも良し、一緒にプレイした上級者の操作内容を見て勉強するのも良し、上達する上で非常にタメになるシステムです。ネット上の対戦において、さながら他人の操作を側で見る事が出来る感覚は、互いを高め合う為にも絶対に必要であり、リプレイはそれを助けてくれる最高のツールです。

対人で遊ぶ

ネットワーク機能を利用した対人戦を行わずしてAOFEは語れません。現在、対人戦を楽しむ方法としては、

以上、3つの方法があります。

※IRC…Internet Relay Chatの事。特定のソフトでサーバーに接続する事で、多人数でリアルタイムにチャットを楽しむ事が出来ます。現在のAOFE界ではほぼ必須のツールです。代表的なソフトに「limechat」があります。

#たまひよは本当に初めてAOFEをプレイする上でオススメのチャンネルです。IRCを利用してゲーム後に反省会を行うなどして他人から改善点を指摘してもらうことによって、楽しみながら上達することができるでしょう。但し、現在はAOFEではなく旧バージョンのAOCでゲームが行われているようです。

#ニコ生AOCは日本のAOFEプレイヤーがほぼ集うと言っても過言ではない場所です。ピーク時間帯には8人対戦のゲームが5つ前後同時にプレイされているなど、ゲームを適度に行うには事欠かない場所となっています。初心者から日本トップクラスまでいますので、対戦相手にも困らないかと思います。

vooblyは海外運営の各種対戦ゲームのポータルサイトです。専用のクライアントから対戦相手とマッチングを行ってゲームをするというものです。基本的に英語圏の舞台になるので、挨拶程度の英会話力は求められますが、力試しなどにはもってこいの場所です。基本的には複数人数戦ではなく、H2H(1対1)での対戦が主流のようです。対戦相手が海外にいる都合、操作遅延(ラグ)には注意しましょう。

▲Go to Top